デスクワークでの腰痛改善には?

デスクワークでの腰痛改善には

『腰痛解消!神の手を持つ12人』(現代書林)でも紹介された腰痛治療の権威、松原秀樹先生による腰痛改善法DVD(180日間完全返金保証付き)をおすすめします。

デスクワークで腰痛

デスクワークをしている人は、どうしても腰痛になりやすい傾向があります。

 

立っている方が腰に負担がかかると思われがちですが、実は椅子に座っている時の方が、腰には大きな負担がかかっています。

 

上半身の体重が、全て腰にかかってしまうからです。

 

デスクワークをしている人は、仕事上、一日中椅子に座りっぱなしの状態が続きます。

 

しかも、それが毎日ですから、腰への負担が蓄積してしまうのです。

 

また、姿勢が悪い、腰に悪い椅子を使っているなどの悪条件が重なると、腰痛の悩みも深刻なものになりがちでしょう。

 

できるだけ腰への負担を減らすために、最低でも1時間に数分は立って歩くようにしたり、休憩時間に軽くストレッチをするなどして、筋肉のこわばりをほぐしてあげるようにして下さい。

 

ふくらはぎや膝周りのマッサージも効果があります。

 

その他、仕事を離れたら軽い運動をしたり、腹筋や背筋を鍛えるトレーニングをするのも効果的です。

 

慢性的な腰痛になってしまったら、痛い部位をマッサージしたり、湿布を貼ったりしても、それほど効果が期待できません。

 

予防策として、腰回りの筋肉の柔軟性を保てるようなストレッチなどは欠かさないようにしたいものです。

腰痛がひどくなる椅子

腰痛がひどくなる椅子というのは、座っている時の姿勢が悪くなってしまったり、腰に負担がかかってしまう椅子です。

 

まず、背もたれのない椅子は論外です。

 

自分で背骨を支えなければならないため、背中や腰の筋肉が休まらず、負担がかかります。

 

次に、その背もたれが直立していたり、硬かったりする椅子はダメです。

 

寄りかかろうとした時に、どうしてもお尻が前に出てしまい、腰に負担がかかりますし、姿勢を変えることもできないからです。

 

背もたれが背中の半分より低い椅子も、腰には良くありません。

 

寄りかかろうとすると、体が後ろに倒れてしまうので、腰に余計な負担がかかります。

 

また、クッションが柔らかすぎる椅子、厚すぎる椅子は、立ったり座ったりする時に反動がつけにくく、不自然な力が入ってしまいます。

 

このように、椅子の選び方で腰痛がひどくなったり、軽くなったりするのです。

 

特にパソコン操作などの座り仕事の多い人は、椅子は慎重に選ぶようにしましょう。