ぎっくり腰の応急処置

ぎっくり腰の応急処置

ぎっくり腰の応急処置のポイントは、大きく分けて3つです。

 

・体が冷えない安全な場所に移動する。
・とにかく安静にする。
・患部を冷やす。

 

これらの3つです。

 

ぎっくり腰になったら、とにかく安静にしなくてはならないので、1点目の安全な場所、安静にできる場所に移動します。

 

自宅でぎっくり腰になった場合なら、すぐに安静にできますが、外で、また道を歩いている時などにぎっくり腰になった場合は、周りの方に手伝ってもらったりして、道の端などに移動しましょう。

 

そして、タクシーや知人に頼んで迎えに来てもらい、自宅、または病院に行きます。

 

いくら痛くても、救急車を呼ぶことは避けて下さい。

 

次の2点目ですが、ぎっくり腰になると、腰に負担をかけてはいけないので、横になり安静にします。

 

もし、横になれない場所であれば、壁にもたれるなどして、腰に負担をかけないようにしましょう。

 

3点目ですが、ぎっくり腰は、患部に炎症がみられることがありますので、冷やして炎症を抑えます。

 

ぎっくり腰は、どうにかしてすぐに良くなるものではありません。

 

ですので、とにかく安静にするのが一番です。

病院や治療院に行けない場合

『腰痛解消!神の手を持つ12人』(現代書林)でも紹介された腰痛治療の権威、松原秀樹先生による腰痛改善法DVD(180日間完全返金保証付き)をおすすめします。