自力で腰痛を改善するには?

自力で腰痛を改善するなら

『腰痛解消!神の手を持つ12人』(現代書林)でも紹介された腰痛治療の権威、松原秀樹先生による腰痛改善法DVD(180日間完全返金保証付き)をおすすめします。

自力で腰痛を改善?

自力で腰痛を改善するには、まず正しい情報とそうでない情報を見極める、ということに注意して下さい。

 

腰痛に限らず、健康法にも、その時々で色々な方法を提唱する人がいます。

 

しかし、必ずしもその全てが正しいというわけではありません。

 

ですから、情報を取捨選択して、自分にとって効果のありそうな方法を試してみて下さい。

 

日頃のストレッチや、腰に負担のかからない運動などは、積極的に行いたいところですが、正しい方法を医師や整体師などの専門家に教えてもらうのが理想でしょう。

 

日常生活では、姿勢に注意したり、腰に過度な負担のかかることは避ける、精神的ストレスを解消する、寝具を変えたり工夫をする、食生活を改善するなどが考えられます。

 

また、腰痛体操などもありますが、自己流は危険です。

 

それに、安易にマッサージをしたり、しっかりと場所がわかっていないのに、ツボ押ししたりするのも、かえって症状を悪化させることもあります。

 

少しでもおかしいと思ったらすぐに止めて、専門医に診てもらうようにしましょう。

姿勢と腰痛

姿勢が悪いと腰痛がひどくなるというのは、もはや言うまでもないことでしょう。

 

姿勢の悪さは腰痛の非常に大きな要因となります。

 

立っている状態で最も腰痛を引き起こす原因となる姿勢は凹背です。

 

凹背はお腹と腰が前に付きだしていて、重心が後方へずれています。

 

メタボリックでお腹が出ていると、こうした姿勢になりやすいので、注意が必要ですね。

 

また、猫背も腰に良くありません。

 

腹筋がゆるんで背筋が緊張するので、腰に負担がかかります。

 

背中が丸まり、お腹が前に、腰は後ろにとつきだしたアンバランスな姿勢も要注意です。

 

それに、座っているときの姿勢にも注意が必要です。

 

特に腹筋が弱っている場合、長時間イスに座っている状態が続くと、腰にかなりの負担がかかっています。

 

デスクワークの時間が長い人は、腰に負担のかからないイスを使ったり、座り方を勉強してみたりするといいでしょう。

 

普段から腰痛がひどい人は、整体院や鍼灸院などで、正しい姿勢を習ってみるのもいいと思います。